忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
お寒い日が続きます。  今年は特に寒いような気がしますね。

サイレンのチュートリアル、8回目です。  脚のモデリングを今回から3回ぐらいに分けてやりたいと思います。(それくらい脚のモデリングは手間がかかりそうです)
90f44222.jpeg5d77cdfc.jpeg5389e448.jpeg











大まかにざっくりとモデリングした物が左になります。   この状態から作りこんでゆこうと思います。

まず、つま先は立方体の基本図形をZ軸方向に細く伸ばし、そこから適宜ナイフツールの「連続辺を連続切断」で辺を何箇所か増やしてゆく。   サイレンの設定画とまんが本編のものとではかなり形状が違うように見えるので、良いとこ取りで詰めてゆこうと思います。
2Dを3Dに変換する作業はパーツどうしのすり合わせなどかなり手間の掛かる作業で、本当に根性いります!
71dc3e83.jpeg25b6faba.jpeg















すねの部分もまだ途中ですが作りこみました。   つま先の上のすねとの間の装甲版のようにただ段差になっている所はナイフツールの連続切断で3本ほど並行にラインをつけてあげてそのうちの一本を選択、縮小、移動でつくりました。
ひざの切れ込みは面の押し出しでマイナス方向に押し出した後に、頂点移動、重なった面を削除、辺に頂点を追加したりして作りこみました。
このすねなどの様にシームレスに繋がっているかたちは切り込みや装甲の厚みを表現してゆくと、形が複雑になってしまい自分でも何をやっているのか分からなくなる事もしばしば・・・  なれですかね!?

 













 

拍手[0回]

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]