忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今月2/19(日)のワンフェスお品書きです。   /ディーラー名MUSHIBUCHI、卓番号7-01-01



今回、販売の方は可動昆虫の再販のみとなります。

■可動ノコギリクワガタx2.0倍 (約150mm)  ¥8,000


成型色濃いめのグレー(画像のものは塗装しています) 


未塗装でも良い感じの仕上がりとなりますが、ひと手間掛けますとグッと良い感じになります!
ワンフェスまでにお手軽塗装の方法など紹介できればと思っています。

※ 未塗装、未組立のカラーレジン製キットになります。
約¥1,000分位、海洋堂製の関節パーツ(リボルバージョイント)が別途必要になりますのでご注意を。 
               







■可動オオスズメバチx3.0倍 (約160mm)       ¥8,000  


一番の人気商品になります。
大あご、翅、毒針をしまうお腹など(毒針は差し替えです)など可動します。



※ 未塗装、未組立のカラーレジン製キットになります。 成型色黄色 約¥1,000分位、海洋堂製の関節パーツ(リボルバージョイント)が別途必要になりますのでご注意を。






■可動、オオカマキリx2.5倍  (約150mm)  ¥8,000


自立しますのでfigmaやリボルテックなどの可動フィギュアと並べて遊べます。
範馬刃牙ごっことかもできます。


※ 未塗装、未組立のカラーレジン製キットになります。成型色緑 約¥1,000分位、海洋堂製の関節パーツ(リボルバージョイント)が別途必要になりますのでご注意を。







■可動ヘビトンボ×2.0(約130mm)  ¥6,000

横だとおよそ220mm程の結構迫力ある大きさです。 
リボルテック竹谷の蛇ケラの元ネタです。  大顎小さめで、あちら比べて可愛め(!?)です。
  



※ 未塗装、未組立のカラーレジン製キットになります。 成型色、黄色
約¥1,000分位、海洋堂製の関節パーツ(リボルバージョイント)が別途必要になりますのでご注意
を。
 

■当MUSHIBUCHIブースでは明らかに転売目的のお客様への販売をお断りさせていただきます。 
また、多くの方に手に取っていただけますように、おひとり様一種類につき一点までの販売とさせていただきます。
(転売その他での目的での画像の無断使用をお断りします)






変わりまして版権物の展示品

■マルドゥック・スクランブル、ディムズデイル・ボイルド
       約1/8、260mm展示見本のみとなります。

ヒロインバロットに立ちはだかる宿敵、人工重力を操り銃弾をそらせたり壁や天井を自在に歩いたりします。 

64口径の巨大なリボルバーが武器。  人体改造で無機質なキルマシンとなり果てた陰のある男。

新作販売は今回ありませんが、色々先々見据えて試行錯誤しています。
可動昆虫の方、今回いつもよりもかなり多めに全種類用意しましたが、クワガタとスズメバチの方はシリコン型が傷んで今回の売れ行きみまして型を新調しようかどうか決めます。
もしかしたら今回の分で終わる可能性もありそうなので、気になっている方はお早めにどうぞ。



ではでは、2/19(日)の幕張メッセでのワンダーフェスティバル、ディーラー名MUSHIBUCHI、卓番号7-01-01でお待ちしています!










   


拍手[3回]

PR
新年、明けましておめでとうございます。  可動昆虫の複製していましたらいつのまにやらもう新しい年になってしまいました。




うつむき加減の私ですが、一応話題の納沙布岬まで行ってきました証拠写真になります(笑)

複製、結構しんどい作業が続いていますが、2/3まで出来ましてようやく終わりが見えてきました。  早めに終わらせて粘土いじりしたいですね、しばらくやっていません。








拍手[3回]

早いもので今年もあとわずか、MUSHIBUCHIブースでも販売する昆虫可動模型の生産がピークになっています!




今回、以前まで品切れ気味でしたので、商品が不足ないように多めに作っています。
(まだ軽めですがレジンアレルギーがとうとう出てしまい体調に気を付けながら作業しています)



クワガタの方、型の方が‘50ロット越えで傷んで表面に梨地状に荒れてきましたが、これはこれで
ドライブラシで塗料をこすりつけて仕上げれば、クワガタの殻肌の質感出せるかと良い感じかなと思います。






全体こんな感じで¥8,000になります。  翅のクリアパーツ、脚も折れ防止のために銅線入れていまして、抜けもいい感じです!







変わってカマキリの袋詰め状態。  蛍光グリーンのカラーレジンを使用していますが、顔料の比重が重いために、最初の方の色にばらつきが出てしまいました。
(色以外の品質は変わりません)


薄い白っぽい物は晩秋の枯れかけた葉の色に擬態したような色で、ちょっと渋めですがなかなか良いかもしれません。 
 
■白カマキリほしいと声をかけていただければワンフェス会場でお分けします。 ごく少量ですので、無くなったらごめんなさい。




では、皆さんも風邪などひかずに良い年を迎えてください。  ワンフェス会場でお会いしましょう!          




よいお年を!

拍手[2回]

可動昆虫の方、まだまだ需要がありそうなので反転母型の方を作ってみました。

今回はオオスズメバチとオオカマキリを、ノコギリクワガタのは少々シリコン型納得いっていないのでまた次回。

シリコン型に回りブロック(シリコン型こさえた際にそのままにしていました)で囲い、養生用のテープで隙間を埋めて、ダメ押しに木工用ボンドで隙間をさらにガード、レジンキャストをドバっと約3ℓ使いました。

結構カッチリと型取り出来ました。 湯口の凸部、もうちょっときれいにポリパテか何かで仕上げようかと思います。

因みに、うちのシリコン型はベルグの一番いいのを使っていますので50個くらいは平気で抜けます。   粘土埋めを時間かけて丁寧にやればそれに比例して強い型ができますので結構最近では好きな作業になりました。







拍手[2回]

前から少し言っていましたが、CGWORLDvol220号にて当MUSHIBUCHIの可動昆虫が紹介されることになりました。       CGWORLDさんHP

作品詳しくではなくCGでのモデリング、ZBrushを使ってのこういう感じで作っています的な紙面です。      正直、6ページいただきまして内容は埋まるのかと心配していましたが、良い感じで内容押し込まれて逆に足りないくらいでした。







11/10日発売だそうですので書店で見かけましたら手に取ってください。

来年冬のワンフェスにはまた昆虫4種再販予定していますので合わせましてどうぞ!

拍手[2回]

次のページ >>
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]