忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
いまさらですが、2年前の冬のワンフェスで型不良のためボツとなりその後色々と経緯有りましたが可動仕様のフェムトです。

髑髏の騎士と一緒に作っていました。  マントの型取りに失敗して、ゴム型の嵌合がうまくいかず横からキャストがドボドボと(涙)  今ではいい経験になりました。

figmaのたたき台で、製品はもう少し先でしょうかね。  他のゴッドハンドとのタイミングを計っていると思われますので気長に待ちましょう。





う~ん、今見るとかなりあれですが。



もうチョイ良い写真撮っていれば...          お目汚しに!






拍手[1回]

PR
冬のワンフェスから2か月半ほど、当MUSHIBUCHIの可動昆虫、おかげさまで早々と売れてしまい作っている側としては、なんとも嬉限りです、ありがとうございます!

簡単ですが、説明書の方に書ききれなかったノコギリクワガタの制作上の注意点を少しご説明します。  他の昆虫でも何かと参考になるかと思います






ノコギリクワガタ、裏返しますとこんな感じにごちゃっと脚の可動部分が出てきます。
可動仕様上、脚パーツと本体に隙間が若干できるかと思います。

一か所づつ丁寧に攻めてゆけばそれほど難しい作業ではないと思います、可動箇所に合わせまして脚の根元の干渉する所の角を取ったりすればより良いかと思います。








 
リボジョイントが収まる穴をリューターですり鉢状にえぐり、さらに軸を収める3mm(2mm)
の穴をピンバイスで開けてゆきます。

※海洋堂さんのリボジョイント販売サイト>  http://kaiyodo.ecq.sc/assembleborg.html?p=2 



8ミリリボ玉、6ミリリボ玉の穴には6ミリ球ぐらいのリューター刃を、羽の可動箇所の4ミリリボ玉を収める穴には4ミリ刃かもう少し小さいものなどを使ってください。







※貫通したときにはシアノンなどで補正してください。








ガレージキットを作るうえで、リューターとシアノン(瞬間接着剤、硬化剤と併用でパテとしても簡単な穴埋めに使える)は持っておくのをお勧めします。  リューターは100均などで¥1.000位から買えます、刃も一本¥200前後からホームセンターで売っていますので、バリ取りや磨きにとても重宝します。
(今回のような可動パーツを使ったものですと、あとピンバイスですかね)



シアノンは白いのと黒いのがありますが、クワガタの塗装しないものでしたらそのまま黒いのを使って穴埋め、接着、効果促進スプレーと併用しますととても便利です。

また、サフレス下地に白いものに適宜ラッカー系の塗料でフィギュアの肌色など色味も加えられるようです。



工夫して楽しんでください!
※お買い上げしていただいた方で何かわからないことがありましたら、等ブログまでコメントください。  可能な範囲でお答えします。



夏のワンフェスでは昆虫3種もう少しきれいに成型して再販したいと思います。 また新作で前から言っていましたヘビトンボとクマムシ(笑)もできれば出したいと思っています。







拍手[1回]

大分ご無沙汰で、年越えてしまっていましたが、少しずつでしたが今度のワンフェスに向けまして準備はしていました。


新作のノコギリクワガタ、可動仕様です。





大顎と羽(鞘羽と内羽)が可動します。  脚にはワイヤーを封入しまして、指や中折れしていますところ多少ポーズ付けられるかと。あと関節パーツで足の根本が可動します。
















お腹下もこんな感じに。  ちなみに、内羽は折りたたみ可動しますが、設計段階でも少々無理がありましたので、折りたたんできれいに鞘羽の下にしまい込むのは少々困難かもです。



ワンフェスまでひと月を切りましたが、今年も寒いのでまた大雪などにならないとよいのですが。  まあ、やる事やるしかないです。


















拍手[7回]


知床を後に内陸の美幌町の駅。  風情ありますね。




層雲峡のキャンプ場で、この10日後くらいにこの上の大雪山では初冠雪したそうです。
慣れてきたとはいえかなり寒かったです。







旭川市街の横町に入っているラーメン店、蜂屋さんにて昼食。

焦がし玉ねぎで真っ黒なとんこつ醤油味のラーメンですが、おろしショウガも乗っていて
意外とさっぱりで美味しかったです。






上富良野町のお花畑

あまり期待していなかったのですが、はるか遠くまで見渡せてとても気持ちよかったです。



これが見たかったですね~   何キロも先まで真っ直ぐな道! 坂の上から見下ろしてすり鉢状の下、さらの反対側の丘の斜面までずーっと先まで真っ直ぐ。
 


 

中富良野町、星に手のとどく丘キャンプ場。   畑のつづく丘が手前に広がっていて広々。

夜は、隣接するレストランでジンギスカンを頂きました。 この旅二度目のジンギスカン(一度目は帯広の欅さん)でしたが、お手ごろな値段でお腹いっぱい美味しい焼肉がいただけて、大満足でした。  個人的には、ラム肉より癖の強いマトン肉、具材もシンプルに玉ねぎのみ(キャベツやもやしで半煮にするのもありますが)がおいしかったです。
 
 



大雪山系の山々と富良野のジャガイモ畑    ホントに広々と気持ちが良かったです。





札幌の友人宅に帰ってから、ちょっと足を延ばして小樽まで。

ちょっと知人にお土産と、お寿司を食べに。


 
帰りの苫小牧港  この前日記録的な大雨だったようで、コンビニの店員さんに聞きましたら、朝方まで道が冠水していて大変だったとのこと。

この日も画像のように積乱雲がでて、沖に船が出たときには雷なっていました。

という感じでよい風景、美味しい食べ物、昆虫採集などとても充実した北海道の旅行でした。







 
 
 
 

拍手[2回]


北海道といえば魚介類!  あちこちの市場でやられているようですが、今回立ち寄った釧路市の市場でも、勝手丼というご飯を買って好きな具材をいろいろなお店を巡って乗っけて食べさせるのをやっていました。


今回、調子に乗って色々乗せていたら、結構いいお値段に(汗)  でも最高においしかったです。





釧路港に来ていました豪華客船。  ちょっと見学。

全長250mとか、デカイ!


お客さんが船をホテル代わりに、釧路湿原や釧路の街をタクシーなどで回るとか。
いいですね。




 
釧路港のサンマ漁船。  後ろに自転車とか積んであって随所に生活の知恵が。
大きな集魚灯の付いたアームを横に展開して魚を捕るようです。
面白いです。



釧路から厚岸に向かう途中の海岸線。  途中、キツネやシマリスを見かけました。




厚岸の道の駅(コンキリエ)にて昼食、牡蠣の炉端焼き。 




 
羅臼の浜辺








 
ほんとに抜けるような晴天で、とても気持ち良かったです。




羅臼の道の駅で、うに丼。  今回の旅の目的でもありました。


 
知床五湖 遊歩道より 



同じく知床五湖



後に見えるのが羅臼岳です。



知床五湖から帰る途中でシカの群れと出会う。

翌日も同じところにいました。


 
ウトロから知床5湖を超えて更に奥へ、ウトロ側の車で行ける一番奥にあるカムイワッカの滝、若干雨のためかぬるめでしたが、川の水が温泉になっています。
なめてみましたらレモン水のようにすっぱかったです。

滝の上の方の定点カメラにはときおりヒグマの姿が映っているとか…
知床五湖よりも大分奥の方ですからね。

 





 
たまたま行った時期が滝までクルマ行けたので幸運でした。



カムイワッカの滝近くの原生林。






その3につづく









拍手[2回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]