忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[1]  [2]  [3]  [4
すっかり暖かくなりまして虫屋の皆様もいよいよ出番というわけですか!

スギカミキリを簡単に採集できる方法があるとかで以前から気になっていた方法を試してみました。
DSC00509.jpg


その方法はごく簡単なもので、でこぼこして柔らかいトタン板などを杉の木の周りに巻きつけ、夜に行動している
スギカミキリが昼間にその隙間に入って休んでいるところを捕まえるというものです。



私は今回、トタン板のかわりに梱包用のダンボール紙をつかってみました。     少々隙間となるところが小さいかなぁと思いっつ、6枚のダンボールトラップをしかけました。


トラップを仕掛けてから5日後、期待と不安をむねに祈るような気持ちで1つ目をめくってみると・・・・

『何じゃこれわー』  おもわず身をのけぞって恐怖に身を震わせてしまいました!

そこには大量のゴキが、かさかさと音を立ててうごめいていたのです。  (この写真の裏です!!)

う~んこんなはずでは、と思い残りのトラップもみてまわりましたが、残り4カ所はなんにもいませんでした。  残り1つは~・・・  う~んまた恐怖。

落ちは、ちょっとした怪談のようになってしまいましたが、お口直しに本物のスギカミキリ の画像を甲虫採遊記の るどるふ氏が撮影されたきれいな写真をご覧ください! 010520_sugi2.jpg                         

背中の黄色い斑点がとてもかわいく前胸のしわしわもかっこいいですね!(るどるふさんありがとうございます!)

来年はリベンジをかけてまたスギカミキリのトラップ採集 を今回の失敗を踏まえてまたやりたいと思います。

写真のリンク(http://www.wrass.co.jp/log/kamikiri_
PCTlist3.html

るどるふ甲虫採遊記 2001年度(福島県 カミキリ編-1-)より
bannar_5.jpg








拍手[0回]

PR
DSC00437.jpg


















ゴールデンウィークの日曜日、今年最初の昆虫採集に行ってきました。        9時半に出発して、土浦方面から6号線を通って一路筑波山の西側を目指しました。
途中、何箇所か渋滞している箇所もありましたが、2時間弱でポイントに到着。  

なんだかいつもとは雰囲気が違っていて、山の中なのにギターの音が爆音でこだましていた。
近くに行ってみると、おやじさんたちがベンチャーズのコピーバンドをやっていました。   ギャラリーがほとんどいないのにがんばってやっておられました!

話しは変わって、ことしの春は寒かったらしく、いつもなら咲いているヤマツツジがまだ咲いていなくて、花をホストにしているエグリトラカミキリも他の花に少しだけ見られたくらいで、今年はだいぶ遅れているようです。

ポイントを移して、一路北のほうへ移動。            加波山のあたりで数年前に美麗なハンミョウを捕まえたポイントへ。       記憶を頼りにそのポイントを探しましたが、以前と変わってしまったのか、ハンミョウが好む日当たりの良い、土が露出した斜面を探しましたが、前とは変わってしまったようです。

仕方がないので適当に側道をいくつか周ってみると、けっこうすばやく動く影が前方に飛び立つのが見え、急いで網をひろげて、そおっと近づき目を凝らしてコンクリートの斜面を見ると『おっ、ハンミョウだ!』 思わず口から言葉が出て脳内麻薬がでて興奮もレッドゾーンへ。

落ち着いて、かつすばやく網をかけて ・   『よっしゃ、捕まえた!』  DSC00443.jpg



















アイヌハンミョウのようです!
これだけでも今日の採集は嬉しかったです。       

筑波山を後にして、6号線の来た道を戻る。     JWave、5時からのサウジ・サウラーテをきもち良く効いていたら、パーソナリティーは滝川クリステルだったので、ちょっと驚き。      色っぽいですね!

その脚で、近所のクヌギの木をみて、毎年いるやつがどうかなぁ?と見てみると、いましたエーリアンのようなヨコヅナサシガメが。DSC00448.jpg



















以前から不思議に思っていたのですが、黒い個体にまじって赤みがかった個体が10匹中1匹ぐらい混じっているので、なんだろうかと思っていたところ、赤っぽい個体を採集して丸1日ほど放って置いたところ、黒く色が変わってきました。

おそらく、脱皮したての個体は未成熟のため甲羅が赤くなっていたようです。   な~んだ、シャア専用とかで
他の個体より3倍強いとかではなかったのか~(笑)

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]