忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
DSC00948.jpg



















ニジダイコクといってもなじみのない人が多いかもしれませんが、欧米では結構収集している人も多いらしく、カブトムシ以上のかっこいい形と、玉虫のような美麗な構造色おあわせもち、世界でもっとも美しい昆虫と呼ばれているとか。

私もその魅力に取り付かれて、ガレージキットまでつくってしまいました www

今回だけでは紹介しきれませんので、3回くらい小出しに紹介してゆきます。       取り合えず3種類今回紹介します。
DSC00951.jpg



















ファウヌスニジダイコク、私の一番のお気に入り! Sulcophanaeus faunus 南米のボリビアやペルーに生息している。
大きさも比較的大きく35mmくらい頭からお尻まであります。
DSC00952.jpg



















DSC00924.jpgDSC00953.jpg












さながらニジダイコクの王様という感じでしょうか。

おつぎは、フェスティブゥムニジダイコク 学名 : Oxysternon (Oxysternon) festivum festivum Linnaeus こちらも南米、仏領ガイアナとか詳しくはは分かりませんが。  赤系のメタリックで、側面がすこし緑系に変化してゆく玉虫色の構造色、クレージーというか非常に美麗なカラーリングです。  DSC01094.jpg  




















ガンダムのサザビーとかこんな色でしたっけ。 ww 25mmほど
DSC01096.jpgDSC01098.jpg













つぎは、名前はちょっと分からなかったのですが、Phanaeusという科ののものでおそらくアメチスチヌスニジダイコクコガネ (Phanaeus amethystinus)では・・・?  どなたか分かるかた、教えてください。
DSC01076.jpg



















DSC01080.jpg



















体長は25mmほどです。 
DSC01088.jpgDSC01087.jpg












小さかったのであまりうまく写真で色なんかが再現されてませんが、深いメタリックの藍色をして、全胸部がパナェウス特有の三角がとてもかっこよい種類です。     ちなみに、現在このこがねむしをガレージキットに起こしています。

近いうちに、また違う種類のものも紹介してゆきますのでお楽しみに!


















拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]