忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [49]  [48
今年も残すところ2ヶ月半ですかぁ~、早いものです。  更新のほうもだいぶご無沙汰してしまいました。
先日はじめてモデラのカバーをひらいて掃除をしました。
DSC00817.jpgDSC00818.jpg












モデラの座標位置XY軸が駄々狂いしてしまい、物を削ろう物ならものの2、30秒でミルがぽきぽきと折れてしまっていました。

おかしいと思ってローランドさんのほうに問い合わせて聴いたところ「カバーをあけて掃除をしてみれば」とのことだったので、さっそくやってみました。

MDX-15も3も20も基本的に同じ構造だと思うので15以外のユーザーさんも使えるのではと思います。

まず、向かって左側のカバーを固定している4本プラスねじをはずしてあける。  (このねじとてもはずしづらいです!)

次に下のほうについている鉄のプレートを6箇所、六角ねじでとめてあるのではずしてやる。DSC00819.jpg













上のような状態で中が見えるのでエアーダスターやエアブラシ、細い筆などを使って切子を取り除く。DSC00820.jpg























電源プラグ、ケーブルが干渉しないように縦横に倒して作業したほうが効率よいかもしれません。
VIEWボタンを押してテーブル位置を移動して可動部分の切子をきれいに取り除きます。
仕上げにグリスを塗るとよいと聞いたのですが、う~んテッシュを割り箸ではさんでグリスぬってぐりぐりとか?
もしくは、スプレーで・・・?  

切子がまとわりつかんのかなぁーとか思ったのでとりあえづ今回はやりませんでした。
メーカーの方に聞いたところ、掃除の頻度はデーターとっていないので分からんとのこと、出来れば切削
終えたたび毎回やったほうが良いとか。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]