忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

当むしぶち製の昆虫模型の通販です。



7c547dc2.jpeg



















オオクワガタ、 ×2,2スケール ( 頭からお尻まで約160mm )
●Dorcus hopei biodulosus        価格 ¥6,500+送料

新たに塗装の手間が大幅に削減できる(そのままでもかっこいい)黒レジン版も登場。 こちらは¥7,000+送料になります。

こちらに詳しくあります >http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/69/

fgのほう >http://www.fg-site.net/products/129805






15ad5c6e.jpeg



















ユーロミヤマクワガタ ×1.7スケール ( 約160mm )
●Lucanus Cervus            価格 ¥6,500+送料

fgでの詳細 > http://www.fg-site.net/products/82888





4609d2d6.jpeg



















アメチヌスニジダイコク  ×5.0スケール 
●Phanaeus Amethystinus

                    価格¥4,500+送料


詳細 > http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/66/

fgのほう>http://www.fg-site.net/products/112126






DSC00477.jpg



















ボナリエンスニジダイコク (左右)  ファウヌスニジダイコク (中)
●Megaphanaeus Bonariensis  ●Sulcophanaeus Faunus 

×2.3スケール(約100mm)  組み立てキット 価格¥4,000+送料


詳細 > http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/2/
  ボナリエンス、ファウヌスともに型の損傷がひどいため追加生産はありません。  ボナ / 残4コ   ファウヌス /  残り7コとなっています。  欲しい方はお早めに。  





a7bd48d4.jpgマルダイコクコガネ 
Copris
Brachypterus

×5.0スケール
組み立てキット






価格¥4,000+送料

       詳細 >http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/19/


3b971775.jpg




















※いずれも未塗装、未組み立てのレジンキャスト製キットです。
アメチヌスとオオクワのみ上のような組み立て説明書がついています。



DSC01605.jpg














上の三葉虫レプリカ、おまけにつきます。


5、000円以上で奥左の物、10、000円以上で奥右の
物がついてきます。

(色はまちまちです)


希望される方は下記のメールフォームの件名に希望商品、本文に
希望数、お届け時間の希望などを記入してください。


その他連絡先などの必要事項(※)にも記入して連絡ください。
折り返し24時間以内にご連絡します。


代金は、銀行振り込みの前払いで、送料お客様もちで
よろしくお願いします。

※の箇所は必ず記入してください。  なお、お知らせいただいた
お客様の個人情報は、この通販でのみの使用目的です。


リクエスト、ご意見ご希望、注文もお待ちしてます!  

 

拍手[0回]

PR

久方ぶりの更新です。  手仕事のほうにかまけてCGをやっていなかったのですが、久しぶりに3d-coatをいじってペイント。  レイヤーで段階を追って管理できるので便利。

残念ながら、マクロ頂点のほうは、私のマシンでは修理しきれないようで、データを読み込もうとしてもはじかれてしまいます。    今週末にグラボを新しいのに変える予定なので、おそらく使えるようになるのでは...

97521ea0.jpg
















アメチヌスをピクセルペイントで、もっと金属感を出しても良かったかな。  前胸の色味のスペキュラ値もっと上げればいいのか。




87fea2b4.jpg横向きはこんな感じ。

斜めから良い感じに見えることを意識したので、少々不自然な感じに影を付けているのが分かります。









26256ccd.jpgCG上でイメージを固めておくと、塗装した時にあれこれ悩まなくてすむのもおいしいところです。











0a60c7b2.jpg
















下の面の方が質感とか良く出来たかと思います。







拍手[2回]

当、蟲ぶち製のガレージキット、オオクワガタ2.2倍スケールモデルです。  クワガタはミヤマ(ユーロ)に続いて2作目です。
DSC01309.jpg


















 

ワンフェス2011冬に出品販売した物の見本に手を加えて塗装をやり直しました。


DSC01280.jpgDSC01297.jpg








 





原型は、3DCG(メタセコイアと3D-coat)でモデルを作り、MODELA / MDX-15 で切削出力しています。

原型の製作時間は1ヵ月半くらいです。CGのモデル作りはそんなに時間はかかりませんが、切削に手間がかかります。

3DCGで作ったものはどうしても彫りが浅かったり、ぺったりと面が甘かったりとしてしまうために修正はどうしても必要です。  ここら辺の感は、数をこなさないとだめかもしれません。  何事も修行ですw


DSC01575.jpg
























DSC01566.jpg

















 
 

ab451c94.jpeg塗装ですが、ワンフェスのときはあまり余裕がなかったので銀(フィニッシャーズのクロムシルバー)にウエスブラックとか、2層ほどで簡単にしてしまいました。

なんだかあっさりし過ぎてしまったので大幅にやり直し、更にその上にクロムシルバーとブラック、フラットベースを調色したものを出っ張ったところに吹いて1ba3fc80.jpegやり、強すぎたらまたブラックで修正、この作業を納得行くまで数回繰り返し、味付け程度に純色シアン(ガイアカラー)をほんの少し部分的に吹き、最後にタミヤのエナメルで溝にオレンジ系の薄くといたものでスミ入れして完成。

いぶし銀風の味わいが出せたかな。


キットの販売もしています 価格は5000円+送料です。(希望する方コメントに連絡先などを残していただければ受けたまります) 脚や触角には、補強のために細いステンレス線を封入していますので、ポロット折れずにくっついてくれています。(この埋め込む作業がほんとに面倒です。泣けてきますwww)




DSC01452.jpg





















DSC01303.jpg






















fgの方にもより鮮明な画像をアップしました。  票を入れて頂けるとうれしかったりしますw
http://www.fg-site.net/products/129805




 




 

拍手[11回]

ワンフェスに出したものの続き、アメチヌスニジダイコク×5倍のレジンキャストモデル。
DSC01256.jpg


















三角形の前胸が特徴的でかっこいい!

DSC01257.jpgDSC01238.jpg

















少し、色味をビビットにしてあります。  フェニッシャーズのウエスブラックを薄めに吹いて、同じくクロームシルバーで凹凸を強調して吹いてやり、良く乾いてから、ガイアカラーの原色シアン、味付け程度に原色マゼンタでしあげ。

今回初めて触角をモデラで掘ってみました。   3、4回失敗しましたが、良い感じに彫りあがりました。

細すぎて、キャストに起こすととても折れやすいのが難点ですが...


DSC01251.jpg





















DSC01249.jpg





















いつも通りにCGで原型作りですが、今回はほとんど3DーCoatでの作業になりました。  

手早く、ポリゴンモデリングに比べてより自然に造形できる3DCのボクセルスカルプトは、扱いやすくとても重宝しています。

DSC01261.jpg




















DSC01260.jpg




















DSC01254.jpg



















モデラでの切削にかかった時間は2週間ほ、データ作りも2週間ほどなので1ヶ月ほどで製作しました。





拍手[0回]

今回は、画像メインで先日ワンフェスに持っていったガッツの狂戦士(バーサーカー)1/12を。
1a65f4dc.jpeg








































DSC01210.jpg







































DSC01208.jpg



















DSC01220.jpgDSC01214.jpg

















DSC01231.jpg










































今回、初めにZbrushのsuperabelageman
(直訳すると超平均男 笑 )から3Dデータで原型を作り、3D-Coatでリトポ、ZBrushで穴が開いてしまった箇所を修正、STLに変換したものをinter>culture さんの出力サービスの粉末成型機 3D Systems Sinterstation HiQを利用して実体化しました。  

(インターカルチャーさんのHP http://inter-culture.jp/create/  興味ある方はどうぞ) 

以前、三葉虫を出力した光造型機3D Systems SLA 7000のほうが、数段精度が上でした。

さらに上位機種のHD3000とか、次回出力予定のサイレンF型で使ってみようかと思っています。

それと、追記ですが、ワンフェスで販売したキットですが、あとで、組んでみて分かったのですが、
片足と、大剣がひどい状態で型ずれしているものがありました。
ひどいものに関しては部品をお取替えしますので、ご連絡ください。













拍手[0回]

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
[08/02 暇神]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]