忍者ブログ
アナログ、デジタルの境目その先に…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらく間が空きましたが、ガッツの塗装がひと段落しましたのでようやく、という感じです。



DSC02388.jpg


















素体はダークグレーの方で、フィックスプライマーというモデルガンの塗装などに使う少しお高めの下地剤で黒い下地を作りました。(ベース台のほうは同じもののクリアを使っています。)

最近ではよいサフも安価で売られているので、  ( 一昔前はソフト99のプラサ
フ位しかなかったのですが、ガイアの瓶入りとかもちろん缶のやつも、食いつきもかなりよい感じです。 )







DSC02286.jpgマントはほぼサフそのままの色、本体はその上にガンメタル、それに銀とフラットベースを調色したもので、凹凸を強調して下地を作り、ガイアの原色シアン:5原色パープル:3 Mrの古い方のクリアレッド:2を混色して藍色をつくり全体的に、たまにこの3色をそのまま吹いたりということを何層かやっています。

ベース台の方は、サフレスでキャストの黄土色を活かす感じに、木目のところは、マルーンの地にクリアレッドとクリアパープル、少々クリアイエロー、原色パープルを何層か重ねてできている感じです。




地面は、エナメルのつや消しでちまちまやる感じで、濃緑でウオッシングも途中かましています。








DSC02402.jpgDSC02334.jpg












目のところにエナメルのフラットホワイトで描き、甲冑にフラッドブラウン+フレッシュ少々で埃のスミ入れとかやっています。

figumaとパーツの互換性があるので、右のように素顔バージョンも再現できますね。











1290af72.jpeg



















剣のほうは、Mrのスーパーチタンで、柄のほうはガルグレーに茶系でウオッシングという具合です。

今回、通してやった感じエアブラシだと少々きめが細かいというか、原作の絵の質感とはだいぶ離れてしまったようです。

黒い地を作ってエナメルを筆でちまちまやったほうがより三浦先生の絵の感じに近いのでは、とか思いました。   時間あったら、また別のアプローチで作り直そうかと思います。




fgの方にもアップしていますのでよかったら覗いてみてください。 
http://www.fg-site.net/products/167835







あと、組み立て時に脚と腕の左右が少々わかりにくいようですので、解説図をおば。
24a64fd1.jpeg02d57dab.jpeg
















こんな感じで、参考にしてみてください。














 

 

拍手[0回]

PR

ワンフェス2012冬の出店案内です。

5-12-06、デーラー名は「MUSHIBUCHI」 

お品書きなどの紹介です。 

〇ガッツ狂戦士1/12リボルテック仕様全長170mm
  ● ¥7,500  パーツ数42点+関節ジョイント多数 (一部リボルテックジョイント6ミリ6個/¥380を別にそろえていただく仕様です) / 限定数15     
                                              

 DSC02193.jpgDSC02191.jpg
















左は素組みしたもの。 塗装しないでバリをとってこのような状態です。




DSC02185.jpg
42点、ガッツの素顔、変形前のスカル、手パーツ左右各三種、ベース代つき。









今現在このダークグレイの成型色が13体あと1体分ほどキヤストしかないので最後の数体は真っ黒に抜いてみようかと思っています。

真っ黒バージョン欲しい方はお早めに!



DSC02186.jpgDSC02187.jpg 












ごらんのような関節を太もも付根に使用します。  リボ球を差し込むのに3ミリと、お尻と肩部分の甲冑の固定に1.5ミリのばねを使用するのでそのための穴あけも必要です。

来週の水曜か木曜くらいまでには塗装見本の方を上げたいと思っていますので興味がある方はご覧下さい。  説明書の方、間に合わなかったらブログの方からPDFで落とせるようにとか思っています (汗)







7c547dc2.jpeg 〇オオクワガタ / ¥5.000
 (約170mm)

あいにく在庫が1点しかないので売れてしまいましたら追加生産で1.2週間お待ちいただいてお送りします。
( 時間があれば数点抜きたいのですが...)

前払いで送料はサービスさせていただきます。

組み立て説明書兼カラーレシピつき。


DSC01620.jpg 〇アメチヌスニジダイコク
/¥3.500 
(約100mm)

こちらも2点のみの在庫、追加分承ります。













a7bd48d4.jpg 〇マルダイコクコガネ/
¥3.500 

(約100mm)
在庫数4個、追加承ります。













DSC00477.jpg



















〇ボナリエンス(左右)/ ¥3.500 在庫4  〇ファウヌス(中) /¥3.500 在庫8
( 体長約110mm )
こちら2点に関して型の損傷が激しく追加で作る予定がありませんのでお早めに。




15ad5c6e.jpeg〇ユーロミヤマ / ¥5.000
在庫6個

(体長約170mm)













5-12-06、デーラー名は「MUSHIBUCHI」 (夏は蟲ぶち) ブログ、ツイッターで告知を見てきたという方には漏れなく三葉虫フィギュアを差し上げます。  また、なにか買っていただいた方にはスペシャルな三葉虫を差し上げます。
                        DSC02190.jpg









































 

拍手[3回]

アメチヌスニジダイコクをカラーリングとポーズを新たに製作しました。

DSC01620.jpg



















下処理、塗装、今の時点で満足の行く物が出来たのではと思います。

DSC01655.jpg



















2週間、じっくりと塗装しました。
サフ > 黒 > 銀 > 修正にライトガンメタル > クリアレット >
クリアグリーン( 調色した自前の物 ) > 純色グリーン >  
クリアオレンジで全体を整え、失敗したらなた塗ってを幾度も繰り返し
ようやく完成


DSC01675.jpgDSC01687.jpg












左斜めからをかっこよくというイメージで作ったので、他の角度から見ると
少々かっこ悪く絵になりませんorz

DSC01629.jpg




















此れだけ複雑な色味、玉虫色をマジューラ抜きで出来るのって自分くらい!? ... かな 

DSC01712.jpg



















手のひらに乗せるとこの位。  コンパクトでちょうど良い感じ。
日本のカブトより大きく、コーカサス位でしょうか ( 角とか考えないで )

展示する時は綺麗な木製の台、もしくはモデラで作ろうかな。

fgの方に他の画像も > http://www.fg-site.net/products/129802









拍手[0回]

当むしぶち製の昆虫模型の通販です。



7c547dc2.jpeg



















オオクワガタ、 ×2,2スケール ( 頭からお尻まで約160mm )
●Dorcus hopei biodulosus        価格 ¥6,500+送料

新たに塗装の手間が大幅に削減できる(そのままでもかっこいい)黒レジン版も登場。 こちらは¥7,000+送料になります。

こちらに詳しくあります >http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/69/

fgのほう >http://www.fg-site.net/products/129805






15ad5c6e.jpeg



















ユーロミヤマクワガタ ×1.7スケール ( 約160mm )
●Lucanus Cervus            価格 ¥6,500+送料

fgでの詳細 > http://www.fg-site.net/products/82888





4609d2d6.jpeg



















アメチヌスニジダイコク  ×5.0スケール 
●Phanaeus Amethystinus

                    価格¥4,500+送料


詳細 > http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/66/

fgのほう>http://www.fg-site.net/products/112126






DSC00477.jpg



















ボナリエンスニジダイコク (左右)  ファウヌスニジダイコク (中)
●Megaphanaeus Bonariensis  ●Sulcophanaeus Faunus 

×2.3スケール(約100mm)  組み立てキット 価格¥4,000+送料


詳細 > http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/2/
  ボナリエンス、ファウヌスともに型の損傷がひどいため追加生産はありません。  ボナ / 残4コ   ファウヌス /  残り7コとなっています。  欲しい方はお早めに。  





a7bd48d4.jpgマルダイコクコガネ 
Copris
Brachypterus

×5.0スケール
組み立てキット






価格¥4,000+送料

       詳細 >http://alches.blog.shinobi.jp/Entry/19/


3b971775.jpg




















※いずれも未塗装、未組み立てのレジンキャスト製キットです。
アメチヌスとオオクワのみ上のような組み立て説明書がついています。



DSC01605.jpg














上の三葉虫レプリカ、おまけにつきます。


5、000円以上で奥左の物、10、000円以上で奥右の
物がついてきます。

(色はまちまちです)


希望される方は下記のメールフォームの件名に希望商品、本文に
希望数、お届け時間の希望などを記入してください。


その他連絡先などの必要事項(※)にも記入して連絡ください。
折り返し24時間以内にご連絡します。


代金は、銀行振り込みの前払いで、送料お客様もちで
よろしくお願いします。

※の箇所は必ず記入してください。  なお、お知らせいただいた
お客様の個人情報は、この通販でのみの使用目的です。


リクエスト、ご意見ご希望、注文もお待ちしてます!  

 

拍手[0回]


久方ぶりの更新です。  手仕事のほうにかまけてCGをやっていなかったのですが、久しぶりに3d-coatをいじってペイント。  レイヤーで段階を追って管理できるので便利。

残念ながら、マクロ頂点のほうは、私のマシンでは修理しきれないようで、データを読み込もうとしてもはじかれてしまいます。    今週末にグラボを新しいのに変える予定なので、おそらく使えるようになるのでは...

97521ea0.jpg
















アメチヌスをピクセルペイントで、もっと金属感を出しても良かったかな。  前胸の色味のスペキュラ値もっと上げればいいのか。




87fea2b4.jpg横向きはこんな感じ。

斜めから良い感じに見えることを意識したので、少々不自然な感じに影を付けているのが分かります。









26256ccd.jpgCG上でイメージを固めておくと、塗装した時にあれこれ悩まなくてすむのもおいしいところです。











0a60c7b2.jpg
















下の面の方が質感とか良く出来たかと思います。







拍手[3回]

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
MUSHIBUCHI (渋谷 明弘)
性別:
男性
職業:
造形屋さん
趣味:
アウトドア 昆虫採集 お絵かき
自己紹介:
昆虫、メカ、クリーチャーなどの模型をCG(ZBrush 3D-coat Rhinoceros )などを主に使って制作しています。 

お仕事など、お問い合わせお気軽に。 コメントフォームにご用件、連絡先等残してください。  (メルアド連絡先が管理人以外に知らされることはありません) 


※現在、可動昆虫の販売は諸事情ありましてワンダーフェスティバルのみとさせていただいております。 まことに勝手ながらその事に関するお問い合わせはご遠慮ください。※また、ブログ内の画像を無断で使用することはお断りいたします。
twitter
ブログ内検索
最新コメント
[10/26 Dylan Tang]
[12/24 治虫]
[02/08 松村和晃]
[07/26 むしきち]
[12/09 戸井建一郎]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]